タグ別アーカイブ: 春

天皇賞(春) 2011 データ

天皇賞(春) 予想攻略サイト


無料情報だけで数万円程度の収益になります。
天皇賞・春では、三連単の予想を提供。
今なら特別キャンペーンにも参加できます。


競馬生活を送るためのノウハウを無償で提供。
競馬で稼ぐことの概念・思考を変えられる
唯一の競馬情報サイトです。


クチコミ系評価サイトで常に上位にランクインしています。
それだけ提供される予想が当たっているということ。
オススメです。


競馬は100%的中することはないと
断言するだけの実力と自信をもちあわせた
利益追求型、競馬投資サイト!

天皇賞(春) 出走馬 枠順

天皇賞・春・登録馬

第143回 天皇賞(春)(GI)
サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
3200m 芝・右 外
【第1回特別登録 23頭】
トゥザグローリー 58.0
トーセンクラウン 58.0
ナムラクレセント 58.0
ヒルノダムール 58.0
ビートブラック 58.0
フォゲッタブル 58.0
ペルーサ 58.0
ホワイトピルグリム 58.0
マイネルキッツ 58.0
マカニビスティー

イコピコ 58.0
エイシンフラッシュ 58.0
オウケンブルースリ 58.0
カネトシパサージュ 58.0
ゲシュタルト 58.0
コスモヘレノス 58.0
コスモメドウ 58.0
ジャミール 58.0
タニノエポレット 58.0
トウカイトリック 58.0
58.0

メイショウベルーガ 56.0
モンテクリスエス 58.0
ローズキングダム 58.0

★地方馬、外国馬
ジェントゥー 58.0

天皇賞(春) 過去 結果

2010年(平成22年)ジャガーメイル
2009年(平成21年)マイネルキッツ
2008年(平成20年)アドマイヤジュピタ
2007年(平成19年)メイショウサムソン
2006年(平成18年)ディープインパクト

天皇賞(春) 競馬ニュース 見出し

【天皇賞・春】最強古馬決定戦!豪華4歳勢が主役
・高配当が続く天皇賞・春 勝負のカギはコスモの2頭
【天皇賞・春1週前追い】グローリー“長距離仕様”着々
・グローリー、G1初Vへ加速…天皇賞・春1週前追い切り
【天皇賞(春)】トゥザグローリー鋭伸
【天皇賞・春】~ジェントゥー(フランス)の調教状況
【天皇賞・春】天皇賞・春に出走の海外馬ジェントゥー(仏)が到着
【天皇賞・春1週前追い】キッツ2馬身先着「ここ3年で一番」

天皇賞 春 結果

天皇賞(春)・予想・競馬予想攻略サイトTOP5



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.66
競馬予想Ⅹの予想の基本になるのはこのオッズ理論になります、
血統や馬場状態や前走レースなどの余計な情報なんて必要ありません!
馬連が導入された当時から、膨大なレース数のオッズとレース結果を検証・解析を繰り返し、独自オッズ解析理論の効果で顧客満足度ナンバーワン!
今月登録された会員様がすでに600万円以上の収支を実現!



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
マスコミが提供する情報には厩舎や騎手などの思惑は含まれていません。しかし、この表に出て来ない情報がレース展開を左右させる重要な要素になっているのも事実。『勝ち組』になる為には、これらの不安要素を限りなく排除し、 真の情報を把握する事が必要なのです。



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
JRA創立以来50年以上にわたる膨大なレースデータはもとより、当社専属の専門家や関係者によって集められた一部の人間しか知りえない情報を、ありとあらゆるファクターを完全に網羅する独自開発の予想システムにより、過去に前例をみない『最高の勝率』を編み出すことに成功しております。


万馬券裏情報をゲット 無料予想>>メルマガ<<

馬券ビジネスはリスクをコントロールしながら、勝てる確率の高いレースのみで勝負し、安定して収益を稼ぎ出します。関係者しか知りえない情報を元に、お客さまの笑顔のために全力を尽くすプロ集団です。

常勝の競馬予想 無料予想>>メルマガ<<

今だからこそ味わえるうま味がある!!穴馬と言われる馬に容赦なく◎をつけるその印を手に入れればあなたの馬券収支がこれまでにない躍進を遂げる!近年3年間の馬券回収額3億円越え!

めちゃくちゃ当たる競馬予想サイト

競馬予想エックス,漫画,1
競馬予想エックス,漫画,2

競馬予想X詳細

独自のオッズ理論に基づくオッズ解析システムが弾き出す買い目を公開!

年間的中率7割を誇る予想買い目で確実に利益を出す事が可能!

只今、期間限定で毎週土曜日と日曜日に無料で買い目を公開中!

驚きの的中率と回収率をご体感したい方は下記よりご登録下さい!

天皇賞(春)コラム

天皇賞(春)の結果を見ているとわかる事がいくつかある。

現在日本の競馬界は、昔に比べるとスピード能力を持った競走馬が重宝されている。

それは、長距離の番組が減り、短距離の番組数が増えたという理由からではあるが、

生産界でも短距離血統や、現役時代にスピード自慢の馬の種牡馬としての人気が高い。

こんな現状がある中で、ステイヤーと呼ばれる競走馬が活躍できるレース。

それが天皇賞(春)ではある。

しかし、そんな天皇賞春でもスピード化の波が押し寄せているようだ。

1940年のトキノチカラが初めて3分20秒台を出してから、

最後に3分20秒台で勝利した1998年のメジロブライトまでの58年の間に、

3分20秒を切った馬はわずかに7頭しかいなかったが、

1999年以降の天皇賞(春)の勝ち馬は全て3分20秒を切っているのである。

これは日本の競走馬のスピード化が顕著に出ている結果ではないだろうか?

ステイヤーと言われる競走馬が活躍できる天皇賞(春)でさえ、

スピード能力が求められているのである。

今後もこの現象は続いているであろう。

スタミナ豊富な馬が活躍する天皇賞(春)というレースが好きだっただけに、

個人的には寂しさを感じる今日この頃である。

GⅠレース一覧

天皇賞(春)

天皇賞(春)・予想・競馬予想攻略サイトTOP5



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.66
競馬予想Ⅹの予想の基本になるのはこのオッズ理論になります、
血統や馬場状態や前走レースなどの余計な情報なんて必要ありません!
馬連が導入された当時から、膨大なレース数のオッズとレース結果を検証・解析を繰り返し、独自オッズ解析理論の効果で顧客満足度ナンバーワン!
今月登録された会員様がすでに600万円以上の収支を実現!



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
マスコミが提供する情報には厩舎や騎手などの思惑は含まれていません。しかし、この表に出て来ない情報がレース展開を左右させる重要な要素になっているのも事実。『勝ち組』になる為には、これらの不安要素を限りなく排除し、 真の情報を把握する事が必要なのです。



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
JRA創立以来50年以上にわたる膨大なレースデータはもとより、当社専属の専門家や関係者によって集められた一部の人間しか知りえない情報を、ありとあらゆるファクターを完全に網羅する独自開発の予想システムにより、過去に前例をみない『最高の勝率』を編み出すことに成功しております。


万馬券裏情報をゲット 無料予想>>メルマガ<<

馬券ビジネスはリスクをコントロールしながら、勝てる確率の高いレースのみで勝負し、安定して収益を稼ぎ出します。関係者しか知りえない情報を元に、お客さまの笑顔のために全力を尽くすプロ集団です。

常勝の競馬予想 無料予想>>メルマガ<<

今だからこそ味わえるうま味がある!!穴馬と言われる馬に容赦なく◎をつけるその印を手に入れればあなたの馬券収支がこれまでにない躍進を遂げる!近年3年間の馬券回収額3億円越え!

めちゃくちゃ当たる競馬予想サイト

競馬予想エックス,漫画,1
競馬予想エックス,漫画,2

競馬予想X詳細

独自のオッズ理論に基づくオッズ解析システムが弾き出す買い目を公開!

年間的中率7割を誇る予想買い目で確実に利益を出す事が可能!

只今、期間限定で毎週土曜日と日曜日に無料で買い目を公開中!

驚きの的中率と回収率をご体感したい方は下記よりご登録下さい!

天皇賞(春)コラム

この時期の古馬の最大目標といえばやっぱり天皇賞(春)だろう。

桜花賞皐月賞が行われ、クラシックシーズンまっさかりではあるが、

私は天皇賞(春)を毎年楽しみにしている。

最近は出てくる馬出てくる馬みんなスピードタイプの馬ばかり、

私の好きなステイヤータイプの馬が少なくなって非常に残念に感じている。

その少ないステイヤータイプの馬の晴れ舞台が天皇賞(春)だ。

近年の競馬はスローペースの上がり勝負というレースが増え、

短距離向きの馬でもある程度距離の融通が利いてしまっている。

しかし、天皇賞(春)は3200mで行われており、

ごまかしの効かない距離である。

天皇賞(春)だけは、短距離馬が距離の壁をどうしても越えられないレースといってよい。

そうなるとやはりステイヤータイプの馬の出番だ。

事実ここ数年はステイヤータイプの馬が勝利している。

日本の競馬自体がスピード化しているといわれているが、

天皇賞(春)のような長距離のレースはまだまだ価値が高いと思っている。

むしろ、その価値を下げてしまっては、

競馬界全体の格の空洞化がおきてしまうのではないか?

天皇賞(春)のような歴史と伝統のあるレースをもっとファンは重宝した方がいいと思う。

GⅠレース一覧