タグ別アーカイブ: 根岸ステークス

根岸ステークス 出馬表 枠順 2011

根岸ステークス・出馬表・2011

2010年1月30日(日)
根岸ステークス
4歳以上オープン
1,400 (ダ)
東京競馬場
2011年根岸ステークスの出馬表・枠順が確定しました。

1-01 セイクリムズン 幸 英明
1-02 ダイワディライト 北村 宏司
2-03 ティアップワイルド 石橋 脩
2-04 ガブリン 田中 勝春
3-05 ダノンカモン 三浦 皇成
3-06 ケイアイガーベラ 秋山 真一郎
4-07 ビクトリーテツニー 後藤 浩輝
4-08 アグネスジェダイ F.ベリー
5-09 エーシンクールディ A.クラストゥス
5-10 スターボード 横山 典弘
6-11 ダイショウジェット 柴山 雄一
6-12 サクセスブロッケン 内田 博幸
7-13 タマモホットプレイ 武士沢 友治
7-14 ワンダーポデリオ 吉田 豊
8-15 ワールドワイド 松岡 正海
8-16 スリーアベニュー 江田 照男

根岸ステークス・予想・ニュース見出し

【根岸S】スターボード、砂で輝け!
【根岸S】砂は6歳!ブロッケン戦列復帰
【根岸S】矢野英師、初重賞スターで獲る
【根岸S】ケイアイガーベラ楽々50秒9で必勝態勢
【根岸S】ティアップワイルド上昇
【根岸S】ワイルド好調持続52秒8で要警戒
【根岸S】ガーベラ余裕の50秒9
【根岸S】セイクリムズン絶好!重賞V2見えた
【根岸S】ワンダーポデリオ、馬体戻った
【根岸S】ダノンカモン好時計65秒9で余力も十分
【根岸S】ダノンカモンV呼ぶゾ!
【根岸S】ラブミーチャン回避…ツメに不安
【根岸S】ブロッケン時計出るも「本調子じゃない」
【根岸S】幸、クリムズン「軌道に乗った」

根岸ステークスの各情報記事を見てみますと、どの馬が勝ち馬となってもおかしくない状況のようです。万馬券を狙いにいってもいい重賞レースになると見ています。
ただ気をつけたいのは自分の予想を見失わないことです。
各競馬新聞などの情報に惑わされすぎないことも万馬券を手に入れる秘訣です。

【根岸S】クリムズン大器完成51秒4
【根岸S】ディライト“新兵器”に期待

ヤフー競馬で出走馬の過去レース実績なども掲載されておりますので、そちらのデータもご参考下さい。

根岸ステークス 結果

根岸ステークス・予想・競馬予想攻略サイトTOP5



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.66
競馬予想Ⅹの予想の基本になるのはこのオッズ理論になります、
血統や馬場状態や前走レースなどの余計な情報なんて必要ありません!
馬連が導入された当時から、膨大なレース数のオッズとレース結果を検証・解析を繰り返し、独自オッズ解析理論の効果で顧客満足度ナンバーワン!
今月登録された会員様がすでに600万円以上の収支を実現!



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
マスコミが提供する情報には厩舎や騎手などの思惑は含まれていません。しかし、この表に出て来ない情報がレース展開を左右させる重要な要素になっているのも事実。『勝ち組』になる為には、これらの不安要素を限りなく排除し、 真の情報を把握する事が必要なのです。



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
JRA創立以来50年以上にわたる膨大なレースデータはもとより、当社専属の専門家や関係者によって集められた一部の人間しか知りえない情報を、ありとあらゆるファクターを完全に網羅する独自開発の予想システムにより、過去に前例をみない『最高の勝率』を編み出すことに成功しております。


万馬券裏情報をゲット 無料予想>>メルマガ<<

馬券ビジネスはリスクをコントロールしながら、勝てる確率の高いレースのみで勝負し、安定して収益を稼ぎ出します。関係者しか知りえない情報を元に、お客さまの笑顔のために全力を尽くすプロ集団です。

常勝の競馬予想 無料予想>>メルマガ<<

今だからこそ味わえるうま味がある!!穴馬と言われる馬に容赦なく◎をつけるその印を手に入れればあなたの馬券収支がこれまでにない躍進を遂げる!近年3年間の馬券回収額3億円越え!

めちゃくちゃ当たる競馬予想サイト

競馬予想エックス,漫画,1
競馬予想エックス,漫画,2

競馬予想X詳細

独自のオッズ理論に基づくオッズ解析システムが弾き出す買い目を公開!

年間的中率7割を誇る予想買い目で確実に利益を出す事が可能!

只今、期間限定で毎週土曜日と日曜日に無料で買い目を公開中!

驚きの的中率と回収率をご体感したい方は下記よりご登録下さい!

根岸ステークスコラム

根岸ステークスが年があけた1月に移行したのは、

2001年からであり、2001年の勝ち馬ノボトゥルー。

そのノボトゥルーは根岸ステークスを勝利した勢いをかって、

本番であるフェブラリーステークスをも勝利している。

11月から1月に施行時期が移行し、移行初年度にノボトゥルーが、

フェブラリーステークスを勝利した事で、

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要ステップとなったかに思われた。

しかし、2002年以降で根岸ステークスを勝利して、

フェブラリーステークスを勝ったのはメイショウボーラーのみである。

根岸ステークスがGⅠ競走の重要ステップとなったかに思われたが、

どうやらそうでもないらしい。

単純にノボトゥルーとメイショウボーラーが強かったという事だろう。